Amazon、出品者が商品廃棄の代わりに慈善団体へ寄付できるプログラム発表

2019年8月18日 07:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Amazonは14日、Fulfillment by Amazon(FBA)で商品を販売する出品者が売れ残りの商品や返品された商品を慈善団体へ寄付できるようにする新プログラム「Fulfilled by Amazon(FBA) Donations」を発表した(The Amazon blogの記事CNBCの記事The Vergeの記事SlashGearの記事)。

現在、FBAで売れ残った商品や返品された商品は出品者への返送またはAmazonによる廃棄処分を選択できる。1月にフランスのテレビ局M6が放送したドキュメンタリー番組「Capital」では、フランス国内のAmazonの倉庫で大量の商品が廃棄される様子が紹介されており、5月には英国でも同様に大量の商品廃棄が行われていることをMail on Sundayの記者が潜入リポートしている。

FBA Donationsは埋め立て地へ送られる商品を減らし、それを必要とする人へ提供できるようにするもので、Amazonが長年行なっている非営利組織や慈善団体への商品の寄付を出品者も利用できるようにするとのこと。本プログラムによる寄付は9月から米国と英国で開始される。

CNBCによるとプログラムは全出品者が対象で、廃棄を選んだ場合には寄付がデフォルトのオプションになるという。現在、Amazonは在庫の返送に1点あたり50セント、廃棄に1点あたり15セントを課しているとのことだが、寄付の場合も15セントの負担が必要になるように報じられている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス

 関連ストーリー:
農水省、「恵方巻」の需要に見合う販売を業界団体に呼びかけ 2019年01月15日
米国で「返品」された商品の行方 2018年12月30日
米量販店チェーンKohl's、集客目的でAmazonで購入した商品の返品カウンターを設置 2018年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazon

広告

財経アクセスランキング