セブンイレブン、7pay問題の「お詫び」で加盟店に金券1万円配るとの報道

2019年8月17日 11:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 不正利用が話題になったセブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済サービス「7pay」が9月末でサービス終了することが先に報じられているが、この問題への対応としてセブン-イレブン・ジャパンが加盟店に1万円相当のクオカードを配ることを決めたと報じられている(ITmedia朝日新聞)。

 この問題では店頭で対応に追われた店舗もあり、そういったトラブルの「お詫び」としての意味合いのようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ビジネス | セキュリティ | お金 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
7iDのパスワードが強制リセットされこれに絡むトラブルが多数報告される 2019年07月31日
不正利用問題が発生した7payアプリ、開発期間は実質半年、テスト期間は実質1か月 2019年07月10日
7payと同じく7月1日よりスタートしたFamiPay、現時点で不正ログインなどのトラブルはなし 2019年07月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセブンイレブン7pay

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース