国際 RSS

 

米サンダース議員、大統領当選なら「地球外生命体に関する全情報開示」

2019年8月15日 09:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2020年11月に行われる米大統領選挙への出馬を表明している民主党のサンダース上院議員が、氏が大統領に選ばれた場合に政府が持つ地球外生命体に関するすべての情報を開示すると述べた(CNN)。

 2016年には同じく民主党のヒラリー・クリントン氏も、公約としてUFOやエリア51の真相を公開することを挙げていた。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 政治 | 宇宙 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
英国人の56%、地球外に移住するなら月がいい 2016年11月26日
米大統領選を目指すヒラリー・クリントン氏、公約として「UFOとエリア51の真相を洗いざらい公開」を掲げる 2016年01月07日
CIAが「エリア51」の存在認める 2013年08月20日
エリア51はどのようにソ連の監視衛星から航空機を隠したか 2011年05月28日
「ナルト走り」でエリア51突入FBイベントに130万人が参加表明、米空軍は警戒 2019年07月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球外生命

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース