KADOKAWA、ドワンゴの不採算事業の廃止などでWebサービス事業黒字化

2019年8月15日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 KADOKAWAの2019年4~6月期決算は、営業利益が前年同期比で約8.7倍、最終利益も約7.1倍の増収増益だったそうだ。Webサービス事業の黒字化や出版事業の好調などが原因(ITmedia)。

 Webサービス事業では一部部門の廃止やサービス終了が行われた。niconico(ニコニコ動画)の有料会員数も減少傾向が続くが、減少幅は緩やかになったという。

 一方でニコニコ動画は確実にあと2〜3年で終了すると予想する声もある。現在のドワンゴの状況を見ているとあり得ないとは言えないが、かつて一時代を築いたニコニコ動画が終了するときは来るのだろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | ビジネス | インターネット | IT

 関連ストーリー:
ドワンゴ人工知能研究所、閉所 2019年04月04日
ドワンゴが提供しているサービスの終了が相次ぐ 2019年04月01日
FC2とドワンゴが「動画中にコメントを表示する特許」で争っていた裁判、FC2が勝訴 2018年09月25日
ユーザー減少と高齢化が進むニコニコ動画 2017年11月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードニコニコ動画

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース