サルヴァトーレ フェラガモ、2020年春夏メンズコレクション発表

2019年8月14日 21:37

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)は、2020年春夏メンズコレクションを発表した。

■伝統とモダンが入り混じるフィレンツェの地で発表

 ブランドのルーツである、イタリア・フィレンツェにて発表された今シーズンのコレクションテーマは“HOMECOMING”。芸術的で知的な伝統や、街中の工場や職人、ブランドによって最近修復されたネプチューンの噴水といった、フィレンツェの街に根付いた様々な要素からは、壮麗な過去の蓄積と、驚くほどのモダンさが感じられる。披露されたコレクションもまた、土地に呼応するかのように、伝統と新しさの二面性を提示した。

■アースカラー×活動的な紳士像

 見えてくるのは活動的なスタイル。ベージュのブルゾンとショートパンツに、白の開襟シャツを合わせたスタイリングは、上品ながらもアクティブな紳士像を演出し、ラフに着用したカーキやアイボリー、バーガンディのジャンプスーツは、無骨なワークウェアを彷彿させる。

■グリーンやオレンジなど明るいカラーリング

 また、明るいライトグリーンのセットアップは、緩やかなシルエットと布地のシワ感がエフォートレスで洗練されたムードを描き出す。軽やかなステンカラーコートや、スポーティーなフーディーには、鮮やかなオレンジを採用。ブライトなカラーリングが、春夏の明るい空気感の中に映える、快活さを見せる。

■上質な素材で品格を

 さらに目に留まるのは、ナッパレザーを合わせたコットンジャージー、テクニカルリネンのギャバジン、耐久性のあるコットンナイロン、ウールモヘア、鹿革にスエードのカーフスキン、といった上質な素材。ノースリーブニットに組み合わせたベストや、ジャストなサイジングのパンツ、もしくはアクティブなブルゾンに組み合わせたショートパンツなどには、艶やかなレザーを採用し、軽快な春夏の装いに、落ち着きのある品格を添える。

■シューズもアクティブに

 アクティブさはシューズからも見て取れた。ソールが前後に分かれたプラットフォームのエスパドリーユや、1951年の「キモ」から着想を得た、取り外し可能なスエードのサンダルブーツ、手作業で作られた、レザーとラバーのスニーカーなど、いずれも活動的ながらも、クラフトの痕跡を感じさせる表情豊かな仕上がりとなっている。

■実用的かつリュクスなバッグ

 バッグやレザーグッズは、シンプルで実用的ながらもラグジュアリーなデザインが特徴的。大ぶりなボストンバッグや、カジュアルに使えるショルダーバッグ、身軽に肩にかけられるワンショルダーバッグなどを揃える。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカーサルヴァトーレ フェラガモ2020年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース