マザーズ指数は3日ぶり反発、米中摩擦への過度な警戒感後退、決算後のラクスが急伸/マザーズ市況

2019年8月14日 15:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:43JST マザーズ指数は3日ぶり反発、米中摩擦への過度な警戒感後退、決算後のラクスが急伸
 14日のマザーズ指数は3日ぶりの反発となった。前日の米国株式市場では、通商代表部(USTR)が中国からの輸入品3000億ドル相当への追加関税措置について、一部製品の発動を12月に延期すると発表したことで、主要3指数は揃って3日ぶりに反発。米中貿易摩擦への過度な警戒感がいったん後退した流れに加え、為替市場の円安進行も相まって、本日のマザーズ市場にも朝方から買いが先行した。その後は、好業績銘柄に対する物色はみられたものの、後場にかけての円安一服などを背景にマザーズ指数の上値は重かった。また、決算後に急落したオイシックス<3182>やさえない推移のそーせい<4565>なども重しとなったようだ。なお、売買代金は概算で944.11億円。騰落数は、値上がり142銘柄、値下がり137銘柄、変わらず15銘柄となった。
 値上がり上位銘柄では、業績面から関心の向かっているグローバルウェイ<3936>のほか、イノベーション<3970>やイオレ<2334>がストップ高となった。売買代金上位では、メルカリ<4385>やミクシィ<2121>といった時価総額の大きい銘柄が揃って5%高になり、前日の決算が好感されたラクス<3923>、ベルトラ<7048>、アプリックス<3727>などが急伸。そのほか、Kudan<4425>やGNI<2160>が上昇。一方で、バンクオブイノベ<4393>がストップ安になったほか、そーせい、UUUM<3990>、インパクトホールディングス<6067>は軟調であった。《SK》

広告