賛否両論? ドラクエ映画「ユア・ストーリー」をめぐりファン騒然

2019年8月9日 11:01

小

中

大

印刷

(C)2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(C)2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.[写真拡大]

写真の拡大

 8月2日に公開されたアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が、現在SNSなどを中心に大きな話題となっている。

【こちらも】小説版ドラクエVの作者、新作ドラクエ映画でクレジット記載など求め提訴

 本作は1992年に発売された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を下地に、3DCGアニメ映画として製作。“国民的ゲーム”とも言われる「ドラゴンクエストシリーズ」の映画化に、ファンからも大きな期待が寄せられていた。

 ところが、封切と同時にその期待は覆ってしまう。観賞した多くのユーザーが、本作に対して「不満」を感じてしまったからだ。

■3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

 8月2日に公開された「ドラゴンクエストシリーズ(以下DQ)」のアニメ映画『 ユア・ストーリー』。全編3DCGで製作され、アニメキャラクターの声も主人公を佐藤健、ヒロイン2人をそれぞれ有村架純と波瑠が担当するなど、人気俳優が登場。他にも『イノセンス 免罪弁護士』の坂口健太郎、『勇者ヨシヒコ』の山田孝之、『おっさんずラブ』の吉田鋼太郎、俳優の古田新太、お笑い芸人のケンドーコバヤシら豪華キャストが脇を固めた。

 また、総監督を『海賊とよばれた男』や『ALWAYS 三丁目の夕日』など多くのヒット作を手掛けた山崎貴、監修をDQシリーズ産みの親でもある堀井雄二が担当。封切前に公開されたCMスポットなどにより、当初ファンの多くは「過去に自分が冒険したDQ5を大画面で観賞できる!」そんな期待に胸を膨らませていたようだ。

 ところが、封切と同時に期待は落胆へと変わってしまう。劇場へと足を運んだファンの多くは本作の「結末」に驚き、SNSを中心に賛否が問われる結果となってしまう。

■DQ5を下地に作られた映画

 封切以降、本作のネット検索で上位を飾るのは「不評」だ。これはツイッターを中心としたSNSではさらに辛辣で、憤ったファンによる「ネタバレ」も多く広がってしまった。

 その理由について多くのメディアなどの言葉を借りれば、DQファンを、強いてはゲームファンの気持ちを製作側が“わかっていなかった”に尽きるようだ。

 筆者もDQ5はやり込んだ往年のファンであるが、映画も初日は無理だが鑑賞してきた。ネタバレを避けるため多くは語れないが、本作は「DQ5を映画化した」というよりは、「DQを下地に作られた作品」がもっとも適した言葉かと思う。

 総監督・脚本を担当した山崎貴氏は、本作の1週間前に封切られた『アルキメデスの大戦』でも監督・脚本を担当している。こちらは大和や街並みのVFXなどで高い評価を受けており、興行成績も好評のようだ。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードドラゴンクエスト波瑠佐藤健有村架純坂口健太郎山田孝之古田新太山崎貴アルキメデスの大戦吉田鋼太郎ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース