ワインを飲むと「ランボルギーニ・ガヤルド」が当たるキャンペーン

2019年8月9日 16:57

小

中

大

印刷

ランボルギーニブリュットプラチナヴィーノスプマンテ(画像:マルシェジャパン発表資料より)

ランボルギーニブリュットプラチナヴィーノスプマンテ(画像:マルシェジャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ランボルギーニ・ガヤルド550-2スパイダー(画像:アウトモビリ・ランボルギーニ S.p.A.発表資料より)

 ランボルギーニワインの日本総代理店、MarcheJapanは、総代理店に就任してから1周年を迎えることから、ランボルギーニ・ガヤルドをプレゼントするキャンペーン「Lamborghini Winning Award2019(ランボルギーニウィニングアワード2019)」を、8月1日から12月31日まで開催する。

 スポーツカー好きであれば、ランボルギーニと名前を聞くと心が躍ることだろう。今回、ワインを飲むことでもらえるかもしれないランボルギーニ・ガヤルドは、2003年~2013年まで製造されたスーパーカーで、ランボルギーニ史上最多の販売台数を記録したほど、世界的に高い人気を持つ。

 ランボルギーニの創業者フェルッチオ・ランボルギーニは、トラクター製造、販売からスタートし、自動車好きからフェラーリなどを所有していたが、自らフェラーリを超えるスーパーカーを作りたいといった思いからスーパーカー、ランボルギーニが誕生し成功を収めた。そして晩年には原点回帰として、ワイン造りに専念することになる。

 ランボルギーニにワインがあることを知っているだろうか?スーパーカーの製造販売を続けながら、1971年にランボルギーニ家は農地を購入、その後ワイナリーを建て、ワイン造りに携わっている。

 ランボルギーニのワイナリーは、高級ワインの産地として有名なイタリア・ウンブリア州にあり、スーパーカーのようなワインをと言う思いを込めて葡萄栽培を行い、独自のブランドを確立していった。

 ワイン造りは、長きにわたり日常消費ワインの生産が軸となっていたが、1997年に新しい方針が打ち立てられ、2種類の赤ワインをランボルギーニワインとして発表。その評価は高く、ウンブリア州を代表するワインの一つと言われるようになった。

 そして、今回そのランボルギーニワインの中から、ランボルギーニスプマンテをオーダーすると、ランボルギーニ・ガヤルド他、豪華賞品が当たるキャンペーンが始まった。

 ランボルギーニ・ガヤルドは、現在新車で手に入れることができないため、中古車となるのは間違いないだろう。しかし、中古相場で2,000万円を超える車体もあり、平均では1,400万円前後となる高級車。

 実際にもらえるかもしれないランボルギーニ・ガヤルドのグレードなどは公表されていないが、ワインを飲むだけで当たるかもしれないとなれば、応募しない手はないだろう。

 応募の方法は、ランボルギースプマンテプ取扱店にて、プラチナボトルをオーダー。そしてボトルと一緒に写真を撮って「@lamborghiniwinningaward」と「#ランボルギーニフォトコンテスト」をつけてInstagramに投稿すれば完了である。

 抽選会は2020年1月に開催予定となっており、他にも、イタリア旅行やハワイ旅行、10万円分商品券が商品として用意されている。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

関連キーワードInstagramランボルギーニ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース