固定ネット回線、遅い時は攻撃により大量のアップロード発生の可能性も

2019年8月2日 21:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 朝日ネット技術者ブログによると、インターネットに接続された機器が数百GBにも上るアップロードトラフィックを発生させるという事例があるそうだ。

 事例としてはNTPの脆弱性を悪用した攻撃の踏み台にされているケースや、オープンリゾルバを使ったDoS攻撃に使われているケースなどがあるという。また、LDAPサービスを誤ってインターネットに公開していたり、UPnPで使われるSSDPサービスを悪用されるといったケースもあるという。

 対策方法としては、機器のファームウェアを最新のものに更新することが挙げられている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | IT

 関連ストーリー:
DoS攻撃元となっていた第三者のネットワークカメラを勝手にシャットダウンするのは不正アクセスか 2018年11月19日
コレガの無線LANルーターに脆弱性、サポート終了機種のため使用中止や設定変更を呼びかけ 2016年06月25日
総務省、IoT機器調査「NOTICE」の実施状況を発表 2019年07月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性DoS攻撃ファームウェア

関連記事