Google検索結果からクライアントの悪評を消すため、裁判所文書偽造の業者

2019年7月31日 15:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 CBS Newsの調査によれば、米国でクライアントの悪評を打ち消す処理を請け負う業者の中には、Googleの検索結果から悪評を消すために偽の裁判所文書を使用するところもあるそうだ(CBS NewsArs Technica)。

 こういった業者がGoogleの検索結果を操作する方法の一つに、クライアントに関するポジティブなコンテンツをインターネットで多数公開し、悪い情報へのリンクが2ページ目以降に表示されるようにする、というものがある。しかし、この方法は確実とはいえず、検索結果から完全にリンクを消したい場合は裁判所命令が必要となる。裁判所文書の偽造は違法行為だが、露見しなければ処理を安価に手早く行うことができる。

 CBS Newsが数千件の裁判所命令を調査したところ、Googleに送られた裁判所文書60件以上が偽物であり、うち11件はオハイオ州ハミルトン郡裁判所の判事の署名が偽造されていたという。これら60件以上の偽造文書を調査したハミルトン郡の裁判所書記官によれば、明らかな偽物もあれば、完成度の高いものもあるそうだ。この裁判所書記官は調査結果を検察官に送致しており、少なくとも2件はFBIに捜査が依頼されているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | Google | 法廷 | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Googleマップに書いた口コミを消せという内容証明を送りつけられる事案 2019年07月16日
悪評の多い香港の通販サイト、DMCA悪用で悪評潰し 2018年06月07日
インターネット上に存在するWebサイトのうち、SEO目的のものは約80%という推測 2017年10月25日
DMCAを悪用した批判記事の削除事例はそれなりに発生している 2017年08月29日
Googleが2018年時点での「忘れられる権利」に基づく削除リクエスト状況を公表 2018年03月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle裁判

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース