AIで作られた「勝つのが難しいほど弱い」オセロ

2019年7月30日 08:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Suzuno曰く、

 深層強化学習(ディープラーニング)技術を使って作られた、負けるのが難しいオセロという「最弱オセロ」なるオセロAIがGame*Sparkで取り上げられていました。

 確かにロジック的には、相手の手に対応した「勝つための最善手」も「負けるための最善手」も計算コストは大差ないだろうことは想像できます。

 でも実際に遊んでみると、強いオセロは「強い」という印象しかないのに対して、負けるオセロは「手のひらで転がされてる」ような気分がして、不思議なものです(あくまで個人の感想です)

 AI関連事業を行うAVILENが公開したもので、「強いオセロ」も公開されている(開発者のTweet)。

 スラドのコメントを読む | 人工知能 | ゲーム

 関連ストーリー:
DeepMindのAI「AlphaStar」、StarCraft 2のプロプレイヤーに勝利 2019年01月29日
AIを使ってゲームプレイを分析し、不公平になるよう調整して有料アイテムを購入させるという手法が話題に 2018年02月05日
DeepMindのAI、チェスと将棋、囲碁の最強AIに勝利 2018年12月11日
人工知能の次のターゲットは「人狼」 2014年08月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)ディープラーニング(深層学習)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 純正パーツを装着したホンダ・S2000(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース