国際 RSS

 

英国在住のEU市民、EU離脱後も引き続き.euドメインの登録が可能に

2019年7月24日 19:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 以前、英国のEU離脱後に英市民・企業が.euドメインを利用できなくなる可能性があるという話があったが、欧州委員会は18日、英国のEU離脱に伴う.euドメイン名の扱いに関する利害関係者向け通知(PDF)を更新した(EURid: Brexit noticeRegisterBetaNews)。

 3月に出された以前の通知では、英国のEU離脱後に.euドメインを登録する権利を持つ者として、(i)EU域内に登録された事務所または中央管理組織、主要なビジネス拠点を持つ事業、(ii)国内法の適用に影響することなく、EU域内で設立された組織、(iii)EU域内居住者(自然人)が挙げられていた。つまり、EU市民であっても英国に居住している場合は.euドメインを登録する権利が与えられないことになる。

 新たな通知では(i)居住地にかかわらずEU市民、(ii)EU市民以外のEU加盟国居住者(自然人)、(iii)EU域内で設立された事業、のように一部変更された。これにより、英国在住のEU市民は英国がEUを離脱しても引き続き.euドメインを登録可能になる。(iv)は以前の通知の(ii)と同じ内容だ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 英国 | EU | インターネット

 関連ストーリー:
1年後のEU離脱に向けて愛国心を示そうとした英紙、1面の写真が面白がられる結果に 2018年03月31日
ユリ・ゲラー氏曰く、英国のEU離脱を私が超能力で止める 2019年03月26日
英国のEU離脱後に英市民・企業が.euドメインを利用できなくなる可能性 2019年01月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイギリス欧州委員会

関連記事

広告