海老名市のCCC運営図書館、新たに就任した館長は全くの門外漢?

2019年7月20日 08:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 海老名市の市立中央図書館はTSUTAYAなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となっているが、4月1日に新たにこの図書館に赴任した館長は司書資格を持たず、図書館勤務経験のない門外漢だったという(ビジネスジャーナル)。

 ビジネスジャーナルによると、この新館長は2018年8月まではCCCで書籍関連の商品事業を担当していたが、2018年9月に同図書館に着任。その4か月後の2019年1月には館長補佐に就任、そして2019年4月に館長になったという。これが事実であれば、この館長の図書館での勤務経験は1年もないことになる。

 また、海老名市が指定管理者公募の際に指定した募集要項に「統括責任者(館長)は、類似施設で責任的立場に従事した経験のある者」との条件があったのことで、記事では新館長がこの条件を満たしていないのではないかとも指摘されている。

 これについて、CCCおよび同館長は詳細について回答していないとのこと。

 なお、海老名市立図書館では指定管理者公募の際にPマークの取得が設定されていたが、その後CCCはPマークを返上、応募資格を満たしていない事業者になっていたことも以前話題になっていた

 スラドのコメントを読む | 書籍 | 政府

 関連ストーリー:
「TSUTAYA図書館」で不適切な会計が行われていた 2018年03月23日
武雄市ではTSUTAYA図書館を批判すると市の幹部が自宅や家族の職場にやってくる 2017年03月30日
山口県周南市、新徳山駅ビルの指定管理者にCCCを指定 2016年08月15日
海老名市のCCCによる図書館運営、返上していたPマークが資格要件となっていた 2016年01月14日
海老名市立中央図書館、公式サイトで画像の無断転用 2015年12月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース