日本の主要公衆Wi-Fiサービス、平均速度は上り26.9Mbps 下り21.8Mbps

2019年7月19日 21:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ICT創建の調査によると、日本の主要公衆Wi-Fiサービスの平均速度は上りが26.9Mbps、下りが21.8Mbpsだったそうだ(INTERNET WatchICT総研の発表)。

 調査対象は「docomo Wi-Fi」および「au Wi-Fi」、「ソフトバンクWi-Fiスポット」、「セブンスポット」(セブン&アイ)、「at_STARBUCKS_Wi2」(スターバックス)、「HANEDA-FREE-WIFI」(羽田空港)。発表ではNTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話事業者3社が提供する公衆Wi-Fiサービスよりもそれ以外のほうがやや平均速度が速く、また繁忙時間帯はやや速度が落ちるとされている。

 とはいえ、個別のグラフを見るとセブンスポットやソフトバンクWi-Fiスポットは繁忙時間帯の方が高速だったり、時間帯によってはセブンスポットやat_STARBUCKS_Wi2は携帯電話事業者3社のサービスよりも低速になっていたりと、一概に判断するのは難しい結果となっている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | モバイル | 携帯電話 | インターネット

 関連ストーリー:
多くのユーザーは提供元不明の公衆無線LANでも気にしない 2017年12月26日
総務省、暗号化されていない公衆無線LANアクセスポイントを原則禁止にする方針 2017年11月17日
「全員がYouTubeを楽々見られるような大容量回線」を提供できる公衆無線LANは実現できるか 2017年08月08日
無線LANビジネスガイドライン、訪日外国人向けの認証仕様はセキュリティの観点から非公表 2016年09月28日
ハンバーガーショップでの公衆無線LANサービスが拡大 2016年06月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモWi-Fi(無線LAN)スターバックス

広告