19日の日本国債市場概況:債券先物は153円56銭で終了

2019年7月19日 18:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:41JST 19日の日本国債市場概況:債券先物は153円56銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2019年9月限
寄付153円58銭 高値153円65銭 安値153円52銭 引け153円56銭
売買高総計23836枚

2年 402回 -0.205%
5年 140回 -0.235%
10年 355回 -0.140%
20年 169回 0.230%

債券先物9月限は、153円58銭で取引を開始。NY連銀が「きょう(18日)のウィリアムズ総裁の講演は、次回FOMCにおける政策行動に関するものではない」とのコメントを発表し、米長期金利が反発。一方、日経平均株価が大幅高になったことで売りが先行し、153円52銭まで下げた。その後、財務省が実施した流動性供給入札が順調だったことから買われ、153円65銭まで上げたが、株高・円高後退を受けて売りが再燃した。現物債の取引では、2年債と5年債が買われ、10年債と20年債が売られた。

<米国債概況>
2年債は1.79%、10年債は2.04%、30年債は2.57%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.33%、英国債は0.74%(気配値)、オーストラリア10年債は1.35%、NZ10年債は1.56%。


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 カナダ・5月小売売上高(前月比予想:+0.3%、4月:+0.1%)
・23:00 米・7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:98.8、6月:98.2)
・24:10 ブラード米セントルイス連銀総裁が討論会参加(NY)
・05:30 ローゼングレン米ボストン連銀総裁や黒田日銀総裁が討論会参加(NY)《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース