国内外の注目経済指標:6月米小売売上高は堅実な伸びとなる可能性

2019年7月13日 14:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:39JST 国内外の注目経済指標:6月米小売売上高は堅実な伸びとなる可能性
7月15日−19日に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■7月16日(火)午後9時30分発表予定
○(米)6月小売売上高-予想は前月比+0.2%
参考となる5月実績は前月比+0.5%。4月は−0.2%から+0.3%に上方修正された。主要13項目のうち11項目で増加。オンライン・ストア、家電製品、スポーツ・趣味用品・楽器・書籍などが主に増加。6月については雇用環境が悪化していないことから、5月実績に近い伸びとなる可能性がある

■7月17日(水)午後9時30分発表予定
○(米)6月住宅着工件数-予想は126.0万件
参考となる5月実績は、前月比−0.9%の127万戸。全米4地域のうち3地域で減少した。6月については5月に減少した北東部での着工件数がやや持ち直す可能性があるものの、6月のNAHB住宅市場指数は今年初の低下を記録しており、6月の着工件数が増加する可能性は低いとみられる。

■7月18日(木)午前8時50分発表予定
○(日)6月貿易収支-予想は+4060億円
参考となる6月上中旬分の貿易収支は+88.2億円で黒字幅は前年同期−95.9%と大幅に縮小した。輸出額は前年同期比−4.2%と低調だったことが貿易黒字の縮小につながった。昨年6月の貿易収支は+7278億円だったが、今年については輸出額が5%程度減少することから、黒字額は半減する可能性がある。

■7月19日(金)午後11時発表予定
○(米)7月ミシガン大学消費者信頼感指数-予想は98.4
参考となる6月実績は98.2。また、6月のCB消費者信頼感指数は131.3から121.5に低下した。通商、移民問題などを巡って中国、メキシコとの対立が続いていることが嫌気されたようだ。7月については多少の改善が予想されているものの、雇用拡大への期待はやや低下しており、6月実績と差のない数値となる可能性がある。

○その他の主な経済指標の発表予定
・7月15日(月):(米)7月NY連銀製造業景気指数、(中):4-6月期国内総生産、(中)6月小売売上高、(中)6月鉱工業生産
・7月16日(火):(欧)5月ユーロ圏貿易収支、(米)5月対米証券投資
・7月17日(水):(米)地区連銀経済報告
・7月19日(金):(日)6月全国消費者物価指数《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース