総理、ハンセン病患者家族と面会の機会つくる

2019年7月13日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は12日、ハンセン病家族国家賠償請求訴訟の判決受入れに当たって「ハンセン病対策の歴史と筆舌に尽くしがたい経験をされた患者・元患者の皆様の御労苦に思いを致し、敢えて控訴を行わない決定をした」と談話を発表した。

 この中で、安倍総理は「かつて採られた施設の入所政策の下で、患者・元患者の皆様のみならず、家族の方々に対しても社会において極めて厳しい偏見、差別が存在したことは厳然たる事実」と偏見や差別に長きにわたって苛まれて来た事実を認めた。

 そのうえで「この事実を深刻に受け止め、患者・元患者とその御家族の方々が強いられてきた苦痛と苦難に対し、政府として改めて深く反省し、心からお詫び申し上げる」とし「私も家族の皆様と直接お会いしてこの気持ちをお伝えしたい」と家族と面会する機会を設けることを伝えた。

 安倍総理は「確定判決に基づく賠償を速やかに履行するとともに、訴訟への参加・不参加を問わず、家族を対象とした新たな補償の措置を講ずる」ほか「関係省庁が連携・協力し、患者・元患者やその家族がおかれていた境遇を踏まえた人権啓発、人権教育の普及啓発活動の強化に取り組む」との考えを述べている。安倍総理は「家族の方々が地域で安心して暮らすことができる社会を実現していく」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
ハンセン病地裁判決に法律上問題あり 政府声明

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三

広告

写真で見るニュース

  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース