マザーズ指数は大幅続落、引けにかけて下げ幅拡大、チームスピリットがストップ安/マザーズ市況

2019年7月12日 16:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:29JST マザーズ指数は大幅続落、引けにかけて下げ幅拡大、チームスピリットがストップ安
 12日のマザーズ指数は大幅続落となった。前日の米国市場において、NYダウは227ドル高と続伸し、初めて27000ドル台に乗せたが、マザーズ市場には朝方から売りが先行した。その後は、直近で個別材料などで上昇をみせた銘柄中心に利益確定の動きが目立ち、寄り付き水準から大引けにかけて下げ幅を拡大する流れになった。なお、売買代金は概算で881.75億円。騰落数は、値上がり67銘柄、値下がり216銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、チームスピリット<4397>がストップ安となったほか、ログリー<6579>やパルマ<3461>も大幅安でそれに続いた。売買代金上位では、そーせい<4565>、モブキャストホールディングス<3664>、SHIFT<3697>、ロゼッタ<6182>、HEROZ<4382>が軟調。一方で、第1四半期営業利益が2.8倍増になったエルテス<3967>がストップ高となったほか、GA TECH<3491>、アクセルマーク<3624>、GNI<2160>、フェニックスバイオ<6190>、リックソフト<4429>は上昇。《SK》

広告