クリーク・アンド・リバー社 1Qは営業利益が1.9%増、クリエイティブ分野(日本)が順調に拡大

2019年7月12日 11:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:37JST クリーク・アンド・リバー社---1Qは営業利益が1.9%増、クリエイティブ分野(日本)が順調に拡大
クリーク・アンド・リバー社<4763>は4日、2019年2月期第1四半期(19年3-5月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比11.8%増の82.33億円、営業利益が同1.9%増の7.88億円、経常利益が同2.6%増の7.90億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同11.4%増の5.06億円となった。

売上高では、各セグメントにおいて順調に推移した。特に、クリエイティブ分野(日本)において制作スタジオを核として人材及び制作ニーズに的確に対応した他、医療分野において医師の紹介事業が順調に拡大した。

利益面では、各セグメントにおける既存事業の強化及び新規事業の立ち上げ等に伴う戦略的な人員増強や、2018年10月に実施した東京エリアにおけるグループ拠点の移転・集約に伴う販売管理費の増加を吸収し、前年同四半期を上回って推移した。

2020年2月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比11.6%増の330.00億円、営業利益が同48.8%増の23.50億円、経常利益が同48.2%増の23.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同49.5%増の14.50億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース