イマジカG 急反落、新株予約権発行による潜在的な希薄化を嫌気

2019年7月12日 10:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:59JST イマジカG---急反落、新株予約権発行による潜在的な希薄化を嫌気
イマジカG<6879>は急反落。第三者割当による新株予約権の発行を発表している。第3回新株予約権は4万5000個を発行で当初行使価額は650円、第4回は4万個を発行で当初行使価額は800円となっている。ともに下限行使価額は390円で、割当先は大和証券。手取り概算額は61.28億円で、M&A及び資本業務提携にかかわる費用に充当予定。最大希薄化率は19.09%になることで、売り圧力が強まる展開になっている。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース