Facebook、コンテンツに関する判断を行うための監督委員会創設を検討

2019年7月11日 08:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Facebookが、同社とは独立した監督委員会を設立する計画を進めているという(SiliconValley.comThe VergeReutersSlashdot)。

 この監督委員会はFacebookにおけるコンテンツを巡る決定に関して裁判所のような役割を担うという。Facebook社員は監督委員会には参加できず、またFacebook側が理由無しにメンバーを除外できなくするなど、同社とは独立した体制になるようだ。

 Facebookは非常に多くのユーザーを抱えている一方で、Facebookプラットフォーム上で展開されるコンテンツに関する監視や検閲などを同社だけですべて判断するのは難しいということで監督委員会の設立が検討されているという。

 ただ、この監督委員会はFacebook本体に対しての人事権などは持っていない。また、監督委員会は問題を監査したり、議論したりすることはできるが、提出された意見はCEOのZuckerberg氏が気に入らなければ却下できるという。そのため、監督委員会がうまくいくかはFacebookにとって大胆な実験になるとも言われている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | YRO | ニュース | Facebook

 関連ストーリー:
Facebookの基準では「ユーザーによる自傷行為のライブ配信」は基本的には検閲対象外 2017年05月24日
Facebookにおけるコンテンツ削除基準が暴露される 2016年12月23日
Facebookが中国への再参入に向け、特定の投稿を非表示化するツールを開発中との報道 2016年11月27日
Facebookが火傷で顔に大きなやけどを負った消防士の写真を無断で削除して騒動に 2016年11月18日
Facebook、ベトナム戦争で逃げ惑う少女の写真を児童ポルノとして削除 2016年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook裁判

関連記事

広告