トヨタ、小さなクルマも続々予防安全装備充実 今回は「ポルテ」と「スペイド」

2019年7月7日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

一部改良でToyota Safety Senseに昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用したスペイドとポルテ、写真はスペイド特別仕様車 F“Noble collection”の2WD車、200万7720円

一部改良でToyota Safety Senseに昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用したスペイドとポルテ、写真はスペイド特別仕様車 F“Noble collection”の2WD車、200万7720円[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタはコンパクトなエントリーモデルの安全運転支援装置の充実を進めている。今回は、ポルテとスペイドを一部改良するとともに、ポルテの特別仕様車F“Raffine”ならびにスペイドの特別仕様車F“Noble collection”を設定し7月3日に発売した。

 今回発表した一部改良では、予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用した。また、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する安全機能インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]をオプション設定したのがポイントだ。

 ボディカラーの設定も変更した。ポルテには、モノトーンカラー7色、ボディ上部に新色アッシュグレーメタリックを組み合わせたツートーンカラー3色を設定。スペイドにはモノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3組のカラーバリエーションを設定した。

 加えて、マルチインフォメーションディスプレイの燃費や航続可能距離情報などの視認性を高めるなど、魅力を高めている。

 また、ポルテ 特別仕様車F“Raffine”ならびにスペイド 特別仕様車F“Noble collection”は、Fグレードをベースに、革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートなどの特別装備で上質感を高め、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を特別装備している。

 今回の改良で、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]装着車は、「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に相当した。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ・ハイラックスに安全装備を充実させた一部改良、リニューアルを実施
プジョー、Euro 6.2に対応した新型パワーユニット搭載のSUV「3008」「5008」導入
トヨタ、アルファード&ヴェルファイアに衝突軽減装置を標準装備する改良

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車特別仕様車

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース