ザ・ノース・フェイス パープルレーベル、2019年秋冬コレクション発表

2019年7月4日 12:47

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)は、2019-20年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを発表。

■ラフなスタイル&印象的な色使い

 コレクションを通して特徴的なのは、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)の80年代から90年代にかけてのアーカイブから着想を得た、活動的ながらも抜け感のあるスタイルと、穏やかで印象的な色使いだ。アイコニックな「ヌプシジャケット」は、赤チェックのハリスツイード(Harris Tweed)のファブリックを採用してアップデートしたデザインに。緩やかなマウンテンフィールドパンツをコーディネートして、ラフに着こなしている。

■「パープル」がキーカラー

 キーカラーとなるのは、アイコニックな“パープル”。アイテムごとにトーンを変え、様々な印象を作り出している。たとえば、ハリのある素材で仕立てたマウンテンコートは、赤みが強く、深い色合いのパープルで彩ることによって、アクティブなウェアにシックな表情をもたらしている。

 また、ラフな長袖Tシャツには肌なじみの良い明るさのパープルを、柔らかく温かみのあるポーラテック(POLARTEC)のフリースプルオーバーには淡いパープルを採用し、ナチュラルな表情に仕上げている。ポーラテックのフリースプルオーバーは、90年代のアーカイブ「SWEETWATER PULLOVER」をベースにアップデートしたモデルだ。

■イエロー&ブルーをプラス

 パープルのルックの間に差し込まれていくのが、ウォーミングなイエローや、鮮やかなブルー。チェックシャツ、ベージュのゆったりとしたパンツに重ねたイエローの中綿コートは、表地にリップストップ地を採用。裂けに強いタフな質感で、タウンユースだけでなくアクティブなシーンにも着用できる。落ち着きのある色味によって、洗練された印象を放つ。

 褪せたような色味のデニムパンツには、青みがかったグリーンのボアコート、ブルーのダウンマフラーを組み合わせ、色彩のコントラストを描く着こなしに。レッドのスニーカーがアクセントを効かせている。

■身軽さを演出する仕立て

 仕立てによる“身軽さ”も注目したいポイント。カーキの切り替えを配した、ライトベージュのコットンダウンジャケットや、ノーカラーのダウンコートは、ゆとりのあるパターンながらもフラットなフォルムで軽やかさを演出する。また、カモフラージュのファーを配したフィールドジャケットは、ライニングにメッシュを配すことで、快適な着心地に仕上げている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ・ノース・フェイス2019年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース