京都仏教会がキャッシュレス決済に反対 信教の自由が侵されるおそれ

2019年7月2日 07:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 京都仏教会がお布施やさい銭などにおいてキャッシュレス決済を導入することに対し反対する声明文を発表した(読売新聞NHK)。

 支払いに関する個人情報が第三者に把握される可能性があり、信教の自由が侵される恐れがあるというのが理由。同教会は京都府内の加盟寺院に対しキャッシュレス決済を導入しないよう要請するという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | お金 | プライバシ

 関連ストーリー:
徳島県の平等寺で賽銭キャッシュレス決済実証実験 2019年01月08日
お寺が電力小売りに参入、檀家ネットワークを活用 2018年10月16日
新潟県最古の寺・国上寺、ネット炎上供養サイトを立ち上げ 2018年10月10日
寺院が秘仏などの写真を無断使用した写真家を訴えていた裁判、寺院らの主張が認められる 2018年06月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京都府キャッシュレス決済