日本将棋連盟、棋譜の記録にAI導入へ

2019年6月27日 20:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本将棋連盟が、カメラで将棋盤を撮影してその映像から棋譜を作成するシステムを導入する。まずは来月より試験的に導入され、来年4月より本格導入されるという(NHK日刊工業新聞毎日新聞)。

 このシステムはリコーが開発するもので、AI(人工知能)技術を使って映像から駒の動きを認識する。1手にかかる時間も同時に記録できるそうだ。リコーはバックギャモン向けの記録システムを開発しており、その技術を将棋に応用したという。

 背景には、棋譜の記録係が不足している状況がある。日本将棋連盟では年間3000以上の対局が行われており、対局数は増加傾向にあるが、棋譜の記録はプロ棋士を目指す奨励会員が行うことが多く、近年は平日に高校や大学に通っている奨励会員が増えていることから記録係の人手が不足している状況だという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 人工知能 | ゲーム

 関連ストーリー:
将棋の藤井聡太棋士はAMD Ryzen 7 1800Xユーザー 2018年12月04日
DeepMindのAI、チェスと将棋、囲碁の最強AIに勝利 2018年12月11日
羽生善治、AIを語る 2017年09月01日
将棋の棋譜中継に対して大会主催者の朝日新聞が権利侵害を主張 2017年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース