ビル・ゲイツ氏、MicrosoftがモバイルOS分野でAndroidに負けたことを悔やむ

2019年6月27日 07:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoft共同創設者のビル・ゲイツ氏が、スマートフォン分野でのプラットフォーム競争で負けたことを悔やんでいるという(GIGAZINEEngadget日本版CNET Japan)。

 ゲイツ氏は、もしMicrosoftのOSがAndroidのようなポジションを得られていれば、Microsoftは4000億ドルもの収益を得られていただろうと述べ、またMicroosftがAndroid以前よりモバイルOSをリリースしていたにも関わらずAndroidに負けた理由として、独占禁止法訴訟対策をしなければならなかったことを上げているという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | マイクロソフト

 関連ストーリー:
Windows 10 Mobileは12月10日でサポート終了、一部の機能は順次利用不可に 2019年01月20日
Windows 10 MobileのInsider Previewビルドはもう提供されない 2018年01月29日
Windows 10 Mobile搭載の新たなスマートフォンが英国で発売へ 2017年11月29日
MicrosoftはWindows 10 Mobileにもう注力しない 2017年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidMicrosoftビル・ゲイツ独占禁止法

広告