ドリス ヴァン ノッテン、2020年春夏コレクション すべての男性が夢見る洋服

2019年6月27日 07:23

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN) 2020年春夏コレクションが、2019年6月20日(木)にフランス・パリで発表された。

■男性の魅力を引き出す“夢のワードローブ”

 今季のドリス ヴァン ノッテンは、男性が“夢見る洋服”に想いを巡らせた。デザイナーのドリス・ヴァン・ノッテンは、フォーマルなスーツスタイル、爽やかなマリンスタイル、マニッシュなミリタリーウェアやウエスタンスタイル…など、男性の“勝負服”に含まれる様々なテイストを、自由なスピリットでミックス。楽し気なムードでありながらも、男性の魅力を引き出していく、そんな夢のようなワードローブがランウェイの上に姿を現した。

■ランウェイを彩る植物柄

 様々なテイストの男性服から着想を得たカラーパレットは、ベーシックな色合いからヴィヴィッドな色彩まで実に様々。また今季は、ブランドを象徴する植物柄をバリエーション豊富に揃えているのが特徴だ。

絵画のような繊細な小花模様、エネルギッシュな満開のヒマワリ、そしてミリタリーなムード漂うカモフラワーといったテキスタイルは、同じ“植物”というルーツをもちながらも、それぞれ全く異なるムード。そして異なる柄同士を組み合わせたスタイリングが、今シーズンのキーとなっているようだ。

■柄×柄の着こなし

 例えば草木をモチーフにした真っ赤なジャカードのジャケットには、レオパード柄のボトムスを合わせて。チャック柄ジャケットとセットにした、淡いグリーンの小花模様のシャツには、大輪の花が咲き誇るみずみずしいパンツをセレクトした。またブランドの真骨頂となる“ビジュー”の装飾で表現した花柄のショートパンツも登場。上から羽織ったカーキーのロングコートには、ひるがえる度に真っ赤なバラが現れるというドラマティックな仕掛けが施されている。

■バリエーション豊かな素材

 涼やかなオーガンザから、艶やかな印象をもたらすビスコース、コンサバティブなスーツ地といったものまで、コレクションにはあらゆる要素のテキスタイルも混在。同柄のデザインでさえも、素材にひと捻りを加えるだけで、観客にフレッシュな印象をもたらしていく。

■計算されたディテール

 ディテールからも男性らしさを引き出して。ジャケットに合わせたパンツには、ミリタリーなムード漂う無骨なフラップポケットをオン。一方でフロントに大胆なカッティングを施したシャツには、その胸元に繊細なフリルを配して、センシュアルな魅力をプラスする。

■蜷川実花とのコラボも

 今季は映画監督やフォトグラファーとしての顔持つ蜷川実花とのコラボレーションも発表。2017年に発表したアートジン『NEW NOIR2』の作品からセレクトしたもので、都市風景や花火、女性のヌードなどのグラフィックがナイロンのジャケットやボトムスなどに登場している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)蜷川実花パリ2020年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース