ニューヨークの地下鉄、現在もOS/2を使用

2019年6月20日 18:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 毎日570万人の利用者がいるというニューヨーク市内の地下鉄では、現在でもOS/2を使ったシステムが動いているそうだ。

 1990年代初頭にリリースされたOS/2は消費者市場では失敗したが、頑強なことから産業システムや企業システムでは長い間、使われ続けているという。ただ、ユーザーが直接触れるようなシステムでOS/2が使われているわけではなく、地下鉄に関連するさまざまなシステムとデータベースが稼働するメインフレームを接続するために使われているとのこと。

 地下鉄の運営を行っているMetropolitan Transit Authority(MTA)によると、このシステムの変更には多大な費用がかかるため、OS/2の更新については諦めることにしたという(TediumSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | OS | IT

 関連ストーリー:
USBブータブルなOS/2「ArcaOS 5.0.2」がついに登場 2018年02月19日
ArcaOS 5.0 リリース 2017年05月24日
32bit版IBM OS/2、発売から25周年 2017年04月04日
新OS/2の名称は「ArcaOS 5.0」に 2016年05月31日
OS/2が「Blue Lion」として帰ってくる 2015年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードニューヨーク

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース