2020年の米政策金利、FOMC予測を下回る可能性も

2019年6月20日 15:18

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:18JST 2020年の米政策金利、FOMC予測を下回る可能性も
 19日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で政策金利の据え置きが賛成多数で決定されたが、7月利下げの可能性は高まり、ドル売りが優勢となった。公表されたFOMC声明では、「景気拡大を維持するために適切に行動する」との見解が表明されており、金利調整で「辛抱強く対処する」との文言は削除された。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は会見で「綿密に指標を監視する」、「成長を持続させるために適切な行動をとる」、「FRBは2%目標に向けたインフレの動きがより遅くなったと見ている」と指摘しており、金利引き下げに前向きであることを市場に伝えたようだ。

 なお、公表されたFOMCの経済予測によると、FRBは2021年のある時点から利上げを開始するとみられている。また、2019年の政策金利見通しは3月時点の予測と変わっていないが、2020年は2.6%から2.1%に下方修正されている。ただし、政策金利見通しは外部環境の変化や米国の財政状況などによって大幅に変わる可能性があるため、市場関係者の一部は「2020年の米政策金利はFOMC予想よりも低い水準で推移する」と予想している。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース