サンコーテクノは調整一巡、20年3月期増収増益・連続増配予想

2019年6月20日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 サンコーテクノ<3435>(東2)は、建設用あと施工アンカーなどのファスニング事業を主力として、アルコール検知器関連などの機能材事業も展開している。民間・公共設備投資が堅調に推移して、20年3月期増収増益・連続増配予想である。株価は上値の重い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。

■ファスニング事業と機能材事業を展開

 ファスニング事業(あと施工アンカーやドリルビットの製造販売、太陽光関連・土木建築関連の工事管理など)を主力として、機能材事業(電動油圧工具関連、FRPシート関連、車両の表示板などの電子プリント基板関連、アルコール検知器関連の製造販売など)も展開している。

 19年3月期のセグメント別売上高構成比はファスニング事業が82%、機能材事業が18%、営業利益構成比(連結調整前)はファスニング事業が87%、機能材事業が13%だった。収益面では建設関連のため期後半の構成比が高い特性がある。

 ファスニング事業では、あと施工アンカー(コンクリート用特殊ネジ・釘類)やドリルビットの開発・製造・販売、太陽光関連・土木建築関連の工事管理などを展開している。あと施工アンカーの最大手である。

 新中期経営ビジョンでは、経営目標数値に売上高成長率5.0%以上、営業利益率8.0%以上を掲げている。建設現場では現場作業の省力化・機械化ニーズの高まりや非熟練作業者の増加が予想され、現場での使いやすさを高めた施工ツール、あと基礎アンカー、アンカー打込機、紫外線硬化FRPシートといった製品の需要増が期待される。20年東京五輪、都市再開発、国土強靭化政策などで中期的に事業環境は良好である。

 なお機能材事業では、19年2月電子基板事業強化に向けてプリント基板表面実装・加工の浦和電研を子会社化、19年4月事業多角化に向けてプラスチック成形機・包装機輸入販売の成光産業・成光パックを子会社化した。機能材事業の規模拡大を目指す。

■20年3月期増収増益・連続増配予想

 20年3月期の連結業績予想は、売上高が19年3月期比7.5%増の183億円で、営業利益が5.5%増の13億90百万円、経常利益が5.7%増の14億10百万円、純利益が2.3%増の9億65百万円としている。配当予想は2円増配の年間26円(期末一括)としている。連続増配で配当性向は22.0%となる。

 売上高の計画はファスニング事業が1.1%減の138億50百万円、機能材事業が46.9%増の44億50百万円としている。ファスニング事業においてはインフラ補修・保全や20年東京オリンピック・パラリンピック関連など民間・公共設備投資が堅調に推移し、機能材事業においてはM&A効果も寄与する見込みだ。収益拡大を期待したい。

■株主優待制度は毎年3月末の株主対象

 株主優待制度は毎年3月31日現在の1単元(100株)以上保有株主に対して、QUOカード500円分を贈呈している。

■株価は調整一巡

 株価は上値の重い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。6月19日の終値は1040円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS118円03銭で算出)は約9倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間26円で算出)は約2.5%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS1477円95銭で算出)は約0.7倍、時価総額は約91億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース