米航空会社の顔認証による搭乗手続き、約15%の乗客が顔認証に失敗

2019年6月19日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米国の空港では顔認識システムの導入が進んでいるが、うまく顔認識が働かなかったり、システムに一時的に保存された顔写真データが盗まれるといったトラブルが発生しているという(ニューズウィーク日本版)。

 記事によると、旅客の15%が搭乗ゲート通過の際にうまく顔認識が行われなかったという。この場合、担当者にパスポートを見せて従来と同じ搭乗手続きを踏む必要があるため、手間がかかってしまうそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
ワシントン・ダレス国際空港、本格導入3日目の顔認識システムで他人になりすました外国人を発見 2018年08月29日
米国の空港でスキャンされた顔画像の運用方法には規定が存在しない 2018年08月16日
デルタ航空、顔認識技術で本人確認を行うセルフサービスの手荷物預入機を今夏テスト 2017年05月20日
ルフトハンザ、搭乗時間の大幅短縮が可能な搭乗ゲートのパイロットプログラムをロサンゼルス国際空港で開始 2018年03月25日
ブリティッシュ・エアウェイズ、搭乗時間短縮のためゲートに顔認識デバイスを導入 2017年03月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース