国際 RSS

 

ロシア、VPNプロバイダに特定サイトへの接続ブロックするよう要請

2019年6月18日 09:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 近年、ロシア政府はインターネットの管理を強化している。その1つとして、VPNプロバイダーへの規制が始まったようだ(MIT Technology Review)。

 この規制はロシア連邦通信局(Roskomnadzor)が通知したもので、VPNプロバイダーに対しロシア政府によって禁止されているサービスやWebサイトへの接続をブロックするよう求めるという内容になっている。この通知を受けた企業は30日以内に応じる必要があるというが、10社のうち、ロシアに本拠を置くカスペルスキーのみがこれに応じ、これ以外の9社は拒否する方針だという。

 当局は拒否した9社について、これらのVPNサーバーへのロシア国内からのアクセスを遮断する方針のようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | インターネット

 関連ストーリー:
グローバル・インターネットは崩壊しつつある 2019年05月23日
ロシア、VPNの禁止や匿名でのSNS利用を禁止する法案を可決 2017年07月25日
プラネックス、世界中でFacebookやTwitterが利用可能になるルーターを発売 2016年03月31日
ロシア政府、TorやVPNといった匿名ネットワーク技術の利用禁止を検討へ 2015年02月16日
GoogleやMicrosoft、Adobeがロシアからの撤退を開始 2014年12月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア

広告