Kickstarter、プロジェクトで「世界最高」などと表現することを禁止

2019年6月16日 22:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Kickstarterがプロジェクトの「誠実で明白なプレゼンテーション」のポイントをまとめたガイダンスを公開し、プロジェクトを「世界最高」などの表現で誇大評価することを禁じている(The Vergeの記事)。

ガイダンスは推奨事項と禁止事項に分けてまとめられており、誇大評価として禁じられる表現としては「世界最高」のほか、「世界最小/世界最速/世界初」「究極/無類/他にない/革新的」が挙げられている。The Vergeによると、英語版のプロジェクト作成画面では上述のような禁止表現を検出して修正を求める機能も搭載されているとのこと。

また、製品が完成しているかのように語ることや、画像の大幅加工、実写と区別がつかない生成画像の使用、まだ実現できていない機能のプレゼンテーション、実現性のないファンディングゴールの設定、小売価格から〇%引きといった表現などが禁止事項となっている。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ビジネス | idle | お金

 関連ストーリー:
300万ドル近い資金を集めたノートPC型スマートフォンドックプロジェクト、75%しか出荷できずに資金切れ 2019年05月03日
Kickstarterで18万ドルを集めたゲーム、6年を経て未完のまま開発中止に 2018年10月05日
Indiegogo、キャンペーン作成者が利用規約に違反したら資金回収を債権回収会社に依頼する可能性も 2017年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードKickstarter

広告