気象庁が発表する台風の進路予報円、精度向上で半径を平均20%縮小

2019年6月15日 13:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 台風進路予報では、台風の中心が70%の確率で入ると予想される範囲を「予報円」として公開している。今後この「予報円」が、予測精度の向上によって20%ほど縮小されるという(気象庁の発表NHK)。

 新しいスーパーコンピュータの導入やプログラムの改善によって進路予測の精度が向上したことから、予報円の半径を小さくすることができるようになったそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
自衛隊が防災関係者の集まる協議会で「長期予報を発表」したのはまずかったのか 2013年06月13日
気象庁は「防災のため」意図的に不正確な台風情報を流している 2009年11月05日
日本IBM、AIを使った気象予測へ参入 2017年03月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード台風スーパーコンピュータ

広告