ミシュランとGM、乗用車向け「エアレスタイヤ」開発へ 2024年めどに発売

2019年6月15日 16:48

小

中

大

印刷

ミシュラン アプティス・プロトタイプ。(画像:日本ミシュランタイヤ発表資料より)

ミシュラン アプティス・プロトタイプ。(画像:日本ミシュランタイヤ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ミシュランとゼネラルモーターズ(以下、GM)は、乗用車向けのエアレスタイヤ「ミシュラン アプティス・プロトタイプ」を発表した。今後、共同研究・開発に着手し、早ければ2024年に乗用車向けモデルを発売する予定だ。

【こちらも】東洋ゴム、空気充填不要の自動車用タイヤ「noair(ノアイア)」を開発

 世界中でパンクする車のタイヤの数は毎年2億本程度であるらしい。路上の障害物などのために損傷して廃棄されるタイヤ、整備が不適切であるために寿命が短くなるタイヤなども数えれば、もっと多くが環境への負荷となっていることであろう。

 そこで目下、各社がしのぎを削って研究しているのが「エアレスタイヤ」である。空気が入っていないためパンクすることがなく、メンテナンスの頻度も減少して車両の稼働率を向上。そして原材料コストを削減し、環境にもいいという新時代のタイヤだ。

 ちなみにこのエアレスタイヤ、市販の乗用車用ではないが、建設機械用のものであればミシュランによって市販化されたものが既に存在している(これは2019年中には日本でも発売されるとのこと)。

 ミシュランの「アプティス」であるが、アプティスはUPTIS、"Unique Puncture-proof Tire System"の略称である。複合材料による画期的構造により、運転上のリスクを大きく取り除くことができるという。

 アプティスは、2017年にミシュランが発表した「VISIONコンセプト」という経営戦略の一環だ。VISIONの4つの柱は、エアレス、コネクテッド、3Dプリンティング、そして100%の持続可能原料(再利用可能または生体材料)であり、この全てを実現することが最終的な目標である。

 アプティス・プロトタイプの研究は、まず「シボレー・ボルト EV」などを実験車両としてアプティスを装着、テスト走行などを行うことで進められるという。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードGeneral Motors(GM)日本ミシュランタイヤ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース