日野自、大型観光バス「セレガ」改良 運転手の異常検知し自動停止

2019年6月15日 16:36

小

中

大

印刷

日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)

日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ドライバー異常時対応システム(EDSS)の作動イメージ。

 日野自動車は、大型観光バス「日野セレガ」を改良し、先進安全装備などを大幅に拡充、7月1日に発売すると発表した。

【こちらも】阪急交通、新型豪華バス「クリスタルクルーザー菫」2台を2019年春に導入

 セレガは1990年に登場した大型観光バス車両である。日野自動車がいすゞとバス関連の経営を統合した際、2005年に一度フルモデルチェンジが行われ、いすゞのガーラとほぼ同一のモデルとなった。

 今回の改良の目玉は、商用車としては世界初であるという「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」の搭載である。近年増加している、ドライバーの健康状態トラブルによる事故に対応するためのシステムだ。「ドライバーモニターII」が常時ドライバーの姿勢や顔、運転状態などをモニタリングし、また車線逸脱のセンサーとも連動して、異常がないかチェックする。

 異常が検知された場合は自動的に制動を開始、速度を落として停止する。それとともに車内には非常ブザーが鳴り、赤色のフラッシュが点滅、乗客に緊急停止を伝える仕組みになっている。また外部に対しては、ホーンの鳴動、ストップランプ、ハザードランプの点滅によって異常を周知する。

 またこのシステムが作動した際には、乗客向けのICTサービスである「HINO CONNECT」が自動的に乗客の登録したメールアドレスに宛てて状況を伝え、迅速な対応をサポートできるようになっている。

 代表的なグレードとしては、スーパーハイデッカ(一般観光、11列)、ハイデッカ(一般観光、12列)、ハイデッカショート(2列サロン観光、7列)などがある。価格は消費税込、東京地区希望小売価格でスーパーハイデッカが4,953万4,200円、ハイデッカが4,291万8,120円、ハイデッカショートが3,511万6,200円。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード日野自動車

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース