NHK、今年の紅白歌合戦でテレビとネットの同時配信を検討

2019年6月14日 20:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 nakka-man曰く、

 NHKがテレビとインターネットでの同時配信をおこなえるように放送法を変えたが、NHKの石原進経営委員長は今年末の紅白で同時配信を検討していることを明らかにした(J-CASTニュース日刊スポーツサンスポ)。

 既にアナウンスされているように、ネット環境がある人が全員見られる訳では無く、NHK受信料を払っていて登録している人だけが対象になる。

 とは言え、NHK紅白ともなるとニコニコ生放送とかとは桁違いのパケットが流れることになりそうで、オリンピック前の技術的テストという意味でもやってみたいのかもしれない。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | テレビ | インターネット

 関連ストーリー:
NHKによる番組のネット同時配信を可能にする改正案、閣議決定される 2019年03月07日
「政治的公平」などを含むさまざまな放送関係規制の議論、ひとまず撤廃はなしに 2018年06月04日
NHK受信料制度をめぐるパブリックコメント募集中 2017年08月01日
NHK受信料制度検討委員会、ネットのみで視聴する世帯からの受信料徴収に「お墨付き」 2017年07月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNHK受信料

広告

財経アクセスランキング