ジャストプラ 一時ストップ高、20年1月期第1四半期の営業利益16%減も進捗率41%/新興市場スナップショット

2019年6月14日 13:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:30JST <4287> ジャストプラ 532 +66
一時ストップ高。20年1月期第1四半期(19年2-4月)の営業利益を前年同期比15.9%減の0.84億円と発表している。システムソリューション事業などが堅調だった一方、ASP事業や物流ソリューション事業が伸び悩んだ。通期予想は前期比28.2%減の2.04億円で据え置いた。進捗率は41.2%に達しており、計画達成の可能性が高いとの見方から買いが入っている。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース