ラグビーW杯、システム不具合で販売終了したチケットを誤販売

2019年6月12日 19:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 今年9月~10月に予定されているラグビーワールドカップの公式チケットサイトでシステムの不具合があり、本来の会場とは異なる会場が記載された状態でチケットが販売されるといったトラブルが発生しているという(読売新聞日経新聞)。

 問題となったチケットは、本来は横浜国際総合競技場で行われる準決勝のチケット。すでにこの準決勝のチケットは販売が終了していたにも関わらず、豊田スタジアムで開催と記載された状態でチケットが購入できる状況になっていたという。誤って販売されたチケットは911枚で、購入者はキャンセルか正規のチケットの購入かを選択できるという。

 チケット購入者はその座席番号が確認できるのですが、5chのラグビーワールドカップのスレッドでは、豊田の座席番号が記載されていたとのことなので、別のデータベースを参照したのでしょうか。

 チケットサイトはバグが多いようで、他にも以下のような現象が報告されています。

 チケット購入のログイン時間は30分にも関わらず、買い物かごにチケットを入れたままでログアウトしてもそのままキープできる(数日すると消される) 
 在庫のあるはずのチケットを買い物かごに入れようとすると在庫がないと表示される(上で買い物かごでキープされているからか?) 
 表示の上では在庫がないはずのチケットについて、一定の操作を行うと隠し在庫が表示できて購入できる(修正済み) 

スラドのコメントを読む | ITセクション | スポーツ | IT

 関連ストーリー:
連休終了後に改元による複数のシステムトラブルが確認される 2019年05月10日
手切れの悪いシステム(拝承 2019年04月16日
JR新幹線の自動券売機、特定の購入操作でフリーズするトラブル 2019年02月18日
人気コンサート「ジャニーズJr祭り」でデジタルチケットのトラブル 2017年04月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードワールドカップ(W杯)ラグビー