東京為替:ドル・円は高値圏を維持、ユーロ・ドルは売り継続

2019年6月10日 14:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:49JST 東京為替:ドル・円は高値圏を維持、ユーロ・ドルは売り継続

 10日午後の東京市場でドル・円は本日高値圏の108円60銭台で推移し、108円後半を目指す展開。株高を受けて米10年債利回りは2.12%台に持ち直し、ややドル買い方向に振れている。それを受け、ユーロ・ドルは売りが続く。イタリアのトリア経済財務相は財政規律に関し欧州委員会との合意は可能と発言した報道もあるが、現時点で影響は限定的。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円37銭から108円67銭、ユーロ・円は122円68銭から122円92銭、ユーロ・ドルは1.1303ドルから1.1331ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース