Windows 10、May 2019 Updateで削除または置き換え予定の機能

2019年5月28日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 MicrosoftがWindows 10 May 2019 Update以降で削除・置き換え予定の機能を発表している(窓の杜)。

 削除されるものとしてはXDDMベースのリモートディスプレイドライバやメッセージングアプリの同期機能が挙げられている。また、タスクバーのカスタムレイアウトの同期機能やWEPおよびTKIPによる無線LAN接続、USBメモリからのWindows起動(Windows To Go)、Print 3Dについてはアクティブな開発が終了している状況で、今後削除される可能性が高いという。

 なお、Print 3Dからの移行先として3D Builderが推奨されているが、3D BuilderはそもそもFall Creator Updateで非推奨となってPaint 3DとPrint 3Dへの移行を促された機能であり、相変わらずの迷走ぶりである。過去に何を廃止予定にしたのかくらい覚えておいていただきたい

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される 2019年05月27日
Windows 10 May 2019 Update、段階的な一般提供開始 2019年05月25日
Windows 10 May 2019 Updateの「ペイント」ではキーボード操作で描画可能に 2019年05月18日
Microsoft、Windows 10用「PowerToys」をオープンソースで開発へ 2019年05月12日
Windows 10 19H2はどこに行った? 2019年05月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース