マザーズ先物概況:大幅続伸、外部環境の落ち着きを背景に買い戻し

2019年5月27日 15:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:50JST マザーズ先物概況:大幅続伸、外部環境の落ち着きを背景に買い戻し
27日のマザーズ先物は前日比15.0pt高の896.0ptと続伸して終了した。高値は898.0pt、安値は883.0pt、取引高は826枚。

本日のマザーズ先物は、前週末の米国株の上昇や日経平均の反発を受けて、個人投資家のマインドも幾分改善し、買い戻しの動きが継続した。ただ、週明けの米国市場がメモリアルデーで休場とあって様子見ムードから方向感に欠ける展開が続いたが、メルカリ<4385>やミクシィ<2121>など時価総額上位銘柄の一角が後場にかけて上げ幅を拡大したことで、マザーズ指数は後場一段高となり、マザーズ先物も高値圏で引けた。

本日のマザーズ市場では、スマホ検索で店舗が見つかる新サービスの提供開始を発表したサイジニア<6031>や、4月の月次動向が予測値を上振れたログリー<6579>などがストップ高まで買い進まれた。《DM》

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース