電算システム 小学校向け教材販売に「コンビニ決済サービス」を提供。児童・保護者・教職員の負担を軽減

2019年5月27日 14:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:06JST 電算システム---小学校向け教材販売に「コンビニ決済サービス」を提供。児童・保護者・教職員の負担を軽減
 

電算システム<3630>は24日、全国の小学校向け教材販売において、児童や保護者が選択して購入する際の代金回収を対象に「コンビニ決済サービス」を提供することを発表した。

これまで学校教材における希望販売品の受注や代金回収は、全国の教材販売会社が各学校の担当教職員を介した現金でのやり取りが主だったが、今回、学校教材製造・販売大手の文溪堂および全国学校用品の2社に「コンビニ決済サービス」が導入されることになった。これにより、児童による現金の持ち運びがなくなることで安全性が高まり、学校側での代金回収などの業務が不要になるなど児童・保護者・教職員の負担軽減が見込まれる。

また、導入する2社へは、決済サービスだけの利用にとどまることなく、払込票の発行や請求業務、注文システム運営やサイト保守等、同社のBPOサービスを提供するとしている。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース