英ポンド週間見通し:上げ渋りか、政治リスクがポンド高を抑制も

2019年5月25日 14:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:42JST 英ポンド週間見通し:上げ渋りか、政治リスクがポンド高を抑制も
■下落、メイ英首相辞意表明で合意なきEU離脱を警戒

先週のポンド・円は下落。メイ英首相は24日、6月7日に保守党党首を辞任すると発表したことがポンド売り材料となった。次期英首相は欧州連合(EU)からの離脱について強硬な路線をとる可能性が高いとみられており、英国は「合意なき離脱」を選択する可能性があることから、リスク回避のポンド売りが優勢となった。取引レンジ:138円53銭−141円74銭。

■上げ渋りか、政治リスクがポンド高を抑制も

今週のポンド・円は弱含みか。メイ英首相の辞任表明によって英国は「合意なき離脱」を選択する可能性がある。新政権発足後もEU離脱を巡る情勢は流動的であり、国内政治不安は増幅する可能性があることから、リスク回避的なポンド売りは継続する可能性がある。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:137円00銭−140円00銭《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース