(中国)上海総合指数は0.38%安でスタート、米中関係の悪化懸念が再び

2019年5月23日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:44JST (中国)上海総合指数は0.38%安でスタート、米中関係の悪化懸念が再び
23日の上海総合指数は売り先行。前日比0.38%安の2880.84ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.97%安の2863.78ptで推移している。米中関係の悪化懸念が再び高まっていることが警戒材料。「エンティティリスト(輸出を規制する外国企業リスト)」に追加された華為を巡っては、英半導体設計会社アームが取引を停止すると報じられるなど、影響が広がっている。また、海外マネーの流出懸念も引き続き指数の足かせになっている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース