デジタルハーツホールディングス IPAの中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業に採択

2019年5月20日 16:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:20JST デジタルハーツホールディングス---IPAの中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業に採択
デジタルハーツホールディングス<3676>は17日、子会社のデジタルハーツが、情報処理推進機構(IPA)が公募する「中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業」に採択され、実証事業を実施すると発表した。

サイバー攻撃リスクの増大に対し、中小企業ではIT人材やセキュリティに関する知見の不足、意識の低さ等により、セキュリティ上の問題からサプライチェーンに参画できない、といった課題が増加することが懸念されている。

同社は、宮城県・福島県・岩手県の中小企業を対象に、AIを活用したネットワークセンサー設置によるセキュリティリスクの可視化やサイバー対策コンサルティング等を行う「中小企業サイバーセキュリティお助け隊 in 東北」をIPAに提案、東北地域における実証事業を担当することとなった。

同実証事業を通じて、中小企業を対象としたサイバーセキュリティ対策に本格的に取り組むとともに、多様なニーズに応じたセキュリティサービスを提供していくとしている。《SF》

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース