国際 RSS

 

iOS向けアプリ配信をAppleが独占と裁判、原告らに訴える権利があるとの判断

2019年5月16日 21:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AppleのApp Storeの手数料が高すぎるとして消費者グループがAppleを反トラスト法に基づいて訴えていた裁判で、米連邦最高裁判所がこの訴訟の継続を認める判断を下した(TechCrunchブルームバーグCNET Japan日経新聞)。

 この裁判の原告らは、AppleはApp Storeを使ってiPhone向けアプリを独占的に提供し、売り上げの30%という高額な手数料を徴収することで不当に高い価格でアプリを販売していると主張している。一方AppleはApp Storeは単なる仲介者であり、アプリの価格設定はアプリの開発者が設定しているとしてこの裁判自体が無効と主張していた。

 裁判所はこのAppleの主張を認めず、訴訟が可能であると判断。今後はAppleが反トラスト法に違反していないかどうかが争点になるようだ。また、原告らはApple以外がiOS向けのアプリ配信サービスを行えるようにすることを求めているという。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 法廷 | アップル

 関連ストーリー:
カスペルスキー、App StoreにおけるAppleの反競争行為をロシア連邦反独占庁に訴える 2019年03月23日
政府、大手「デジタル・プラットフォーマー」規制を検討 2018年11月20日
米国では大手ITが強すぎて新しい企業が育たなくなった 2018年02月16日
Google曰く、Androidは競争を促進している 2016年11月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleiPhone裁判

広告