ヴィンテージアイウェア専門店「ソラックザーデ」展示販売会が伊勢丹新宿で

2019年5月16日 21:07

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ヴィンテージアイウェア専門店「ソラックザーデ(SOLAKZADE)」の展示販売会「ソラックザーデ トランクショー(SOLAKZADE TRUNK SHOW)」が、2019年5月15日(水)から5月28日(火)の期間、伊勢丹新宿店本館にて開催される。

 「ソラックザーデ」は、2005年に大阪でスタートし、現在は東京・原宿を拠点とするヴィンテージアイウェア専門店。店内では1800年代から1990年代のデッドストックアイウェアを取り扱うほか、近年は、ヴィンテージジュエリーやオリジナルプロダクツも展開している。

 今回開催される展示販売会では、「ソラックザーデ」の1万本を超えるヴィンテージアイウェアコレクションの中から、レディースに特化した全1,000本をラインナップ。全て1点物の貴重なモデルとなり、遠近両用を含む度付きレンズにも対応する。

 用意されるのは、1950年代フランス製のキャットアイ眼鏡や、1960年代のアメリカ製ヴィンテージレイバン(Ray-Ban)や、1980年代バブル期の贅沢な作りのジャパンヴィンテージなど様々。1900年代の各時代を横断する珠玉のコレクションを取り揃える予定だ。

【詳細】
ソラックザーデ トランクショー
開催期間:2019年5月15日(水)~28日(火)
開催場所:伊勢丹新宿店本館3階=センターパーク/プロモーション
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード伊勢丹新宿店

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース