カナミックネットワーク 2Qは営業利益が16.8%増、主力のカナミッククラウドサービスの契約数が増加

2019年5月16日 17:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:28JST カナミックネットワーク---2Qは営業利益が16.8%増、主力のカナミッククラウドサービスの契約数が増加
カナミックネットワーク<3939>は10日、2019年9月期第2四半期(2018年10月-19年3月)の決算を発表した。売上高が前年同期比9.2%増の8.32億円、営業利益が同16.8%増の2.64億円、経常利益が同16.8%増の2.64億円、四半期純利益が同17.8%増の1.73億円となった。

売上高は、前年同期に比べ0.70億円増加した。商材別には、カナミッククラウドサービスの売上高は前年同期比17.0%増の7.3億円、コンテンツサービスは同45.3%増の0.46億円、その他サービスは同50.5%減の0.5億円となった。主に主力サービスであるカナミッククラウドサービスおよびコンテンツサービスの契約数が増加した。
「カナミッククラウドサービス」は経済産業省のサービス等生産性向上IT導入補助金の対象に認定され、総務省の「IoTサービス創出支援事業」の実証実験を通じて「カナミッククラウドサービス」を基軸とした介護における各種データの活用連携に取り組むなど、事業の推進、他社との業務連携が順調に進んでいるもよう。

2019年9月通期の業績予想については、売上高は前期比11.0%増の16.70億円、営業利益は同12.8%増の4.50億円、経常利益は同15.5%増の4.40億円、当期純利益は同13.0%増の2.90億円とする期初計画を据え置いている。《MH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース