ジェイテックの19年3月期は、制御系ソフトウエア開発のテクノロジスト需要が旺盛で、増収大幅増益

2019年5月12日 17:44

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■グループの稼働率は高い水準を維持し、契約単価は前年を上回った

 ジェイテック<2479>(JQ)の19年3月期は、制御系ソフトウエア開発のテクノロジスト需要が旺盛で、増収大幅増益となった。

 19年3月期は、同社グループの主力事業である技術職知財リース事業は、前年度に引き続き、自動運転技術を備えた自動車の開発や、IoT関連分野の開発に伴う制御系ソフトウエア開発のテクノロジスト需要が旺盛であった。また、営業施策の強化や、テクノロジストの教育強化、テクノロジストの高付加価値業務への配属を推し進めたこと等により、グループの稼働率は高い水準を維持し、契約単価は前年を上回った。

 その結果、19年3月期連結業績は、売上高31億25百万円(前年同期比2.3%増)、営業利益1億56百万円(同102.6%増)、経常利益1億56百万円(同105.1%増)、純利益91百万円(同170.6%増)と増収大幅増益となった。

 セグメント別業績については、技術職知財リース事業は、建築関連分野の顧客企業からの取引が前年同期より減少したものの、産業用機器関連分野の取引が増加し、契約単価引上の促進や新入社員の早期派遣稼働により利益率を改善した結果、売上高は29億74百万円(同2.2%増)、セグメント利益4億68百万円(同21.6%増)であった。

 一般派遣及びエンジニア派遣事業は、情報処理関連分野の顧客企業からの取引が前年同期より増加したことや、のれんの償却費が無くなったことによる販売費及び一般管理費の減少により、売上高1億51百万円(同4.6%増)、セグメント利益24百万円(同160.5%増)となった。

 今期20年3月期については、優秀な人材の獲得のため、インターンシップの拡充や、Webを活用した会社説明会など採用活動をさらに強化し、引き続き技術職知財リース事業の伸長を図る。システム開発の受託・請負業務にも一層注力し技術領域の拡大に努める。また、IoTやロボットなど先進技術における需要拡大も視野に、IoT分野に対応できるテクノロジスト育成を強化し、新規顧客の獲得と新たな収益源を開拓する。さらに、連結子会社であるジェイテックアドバンストテクノロジにおいては、特定技能の外国人材活用も視野に入れ、首都圏の再開発における需要の取り込みなど多分野に及ぶエンジニア派遣と介護事業の強化に努める方針。

 その結果、20年3月期連結業績予想は、売上高34億85百万円(前期比11.5%増)、営業利益1億22百万円(同22.3%減)、経常利益1億21百万円(同22.6%減)、純利益65百万円(同28.7%減)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース